寝る暇もないほど忙しい時に……

大学4年生の6月に、3週間の教育実習に行きました。
実習生は原則としてスカートスーツ着用でした。

それ以外の指定は特にありませんでしたが、服装は華美でないもの、なるべく無難なものという暗黙のルールがありました。

ミセスビューティーそのため、ストッキングは薄手の肌色のものを着用して通勤しました。

私は肌の色が白くムダ毛が黒く太く目立つため、普段スカートをはく時には夏でも黒のタイツを着用していました。ムダ毛をカミソリで処理して久しぶりに薄手の肌色のストッキングをはいてみると、カミソリで肌が荒れて赤くなっているのが透けて見えて憂鬱でした。

実習が始まると、担任を1クラスと授業を4クラス持って、教材研究や指導案作りを明け方までする生活で、寝る時間もろくになくお風呂に入るのがやっとでした。
ムダ毛の処理は、週に2回程度しかできません出した。

ある朝、「ちょっとだけ脚の毛が伸びてきたかなあ」と思いながらも時間がないのでそのまま出勤しました。
お昼休みにふと脚を見ると、さらに伸びていました。

その日の帰りの電車は、疲れて座りたかったけれど隅っこの方に立ってひざ下を隠すようにカバンを持って乗りました。
その時に、脱毛したいな……と思いました。

光脱毛はキャンペーンを利用すると安くなります

主人より私の方が毛深い!

私は今年の3月に入籍をした25歳の専業主婦です。
夏の時期は半袖にもなりますし、自然と主人の目にもさらされます。

私の主人は、赤ちゃんのようなスベスベ肌を保つ男性です。
もちろん、腕や脛にも毛は生えていますが、とても薄いんです。
そんな主人に言われる一言。「俺より毛深いね」これは本当にショックなことです。

schöne Frauenbeine腕や脇、脚などは自分でも処理できる場所ではあるし、脱毛もしたことがあります。
しかし、背中は自分で見ることもできません。
そこを主人に見つかってしまいました。

毛深いことが知られると、主人は毛抜きを持って私に迫ってきます。
私はいつも悲しい気持ちになります。

「何で男性より毛深いんだろう」
主人が薄いだけかもしれませんが、女性としては一大事です。

女性らしくありたい、女性としていつまでも綺麗でありたい。
そう思ってムダ毛を処理したいです。

もう主人に毛深いとは言わせたくありません!
主人のスベスベな肌を目指して私も女磨きをしたいと思います。

永久脱毛をしたいと思ってクリニックに通いだしました

脱毛したい、と思った時

とあるドラマの主人公のアラフォー女性が顎からヒゲが生えてショック受けている場面、私は笑って見ていたのを今でも覚えている。

だって、女性にヒゲなんて、産毛程度ならわかるけど、ヒゲなんか生えるわけがないってあの時にはどこか自信をもっていたから笑えたのだと思う。

それから数年。何の気なしに顎を触った。硬い何かが触れる感触。
私は焦って鏡を見た。あのドラマの主人公のようにヒゲが生えているではないか。

女性の足ありえない。ありえない。そう思うけれど、現実は酷で、太くて短いヒゲが2~3本程。ヒゲって、男の人のものじゃないのか。なぜ女の私にこんなに存在感のあるヒゲが生えるのか。頭の中はぐるぐるしつつも、ピンセットでヒゲを抜いた。

そしてまた数日後、抜いたはずのヒゲが生えている。やはり少し動揺しつつも冷静にまたヒゲを抜いた。そんなことが数回繰り返され、いつしかヒゲにも慣れてそれが日常化していった。

むしろ、2~3本なら抜かなくてもいいか。とまで思うようになった。
当たり前になってしまうことは恐ろしい事だと思う。

そんな当たり前はまた、私を地獄に突き落とした。ふと、顎を触ったときに、あきらかに以前とは違うチクチク感が私を襲った。もはや、恐怖でしかなかった。明らかにヒゲがたくさん生えている感触。恐る恐る鏡をのぞく。やはり、ヒゲが何本も生えていた。十数本に及ぶヒゲたち。一心不乱にヒゲを抜いた。しかし、抜けば抜くほど本数が増えている気がしてならない。

今では毎日顎を触ってヒゲを確認し、ピンセットで抜く日々である。まだアラサーなのに。こんな事やっていたら彼氏も出来やしないのもうなげる。おもいきって、脱毛したいと考えるようになった。私は全体的に体毛は濃い方だと思う。

脱毛して、自信満々に男性の前に顎を見せてもいいように。真面目になりたいと考えている。
今の私の顎はヒゲを抜きすぎて肌荒れもしている。こんな事で一生悩みたくない。

シースリーの脱毛技術は高いようです

職場でのいた~い視線・・・脱毛への第一歩

わたしは元からムダ毛が濃く、わきや足などはもちろん、生理前にホルモンバランスが崩れると口周りのひげが気になってきたり、普段は見えないからと油断しがちな大事な部分のムダ毛もぜんぶが気になって仕方ありませんでした。

しかし、子育てをしながら働いていると脱毛サロンに行く時間もなかなかなく、お金もそこまで余裕があるわけでもないので、自宅用の永久脱毛できるものにも手を出せずにいました

stockfoto_88689841_XSそんな中わたしに転機が訪れたのは、少し暑くなり始めた梅雨時期のこと…
1年前までは違う職場に勤めており、そこに勤めてから初めての夏を迎える!という時のことでした。

職場が変わったため、もちろん制服の仕様も変わり…前までは半袖といっても少し長めの袖で、腕をあげてもわきを他のひとに見られることもなく、腕のムダ毛だけ剃ればいっかな~ということもしばしば。

しかし、新しく入った職場の制服は袖が長いのの腕をあげると袖部分が緩いため、わきまでが丸見え。

それに気付かず、以前と変わらぬ少し雑めなムダ毛処理のまま仕事をしていたところ、腕を上げた際に職場の人がわかりやすく私のわきをじーっと見つめ、意外と大雑把だね(笑)と言いました。

すぐにわきのムダ毛だと気付き恥ずかしくなり…そこからはかなりマメにムダ毛の処理をし、なおかつ手を出せずにいた脱毛器も中古ならまだ買えると、思い切って購入しました。

おかげでいまはムダ毛を気にせず、半袖でもタンクトップでもどんとかかってこいという感じです!!
ちなみに脱毛器は、私をじーっと見つめた同僚からおすすめを聞きました(笑)

http://ヒゲ永久脱毛副作用.com/

彼氏に言われてショック

昔から腕や足のムダ毛は濃い方で、小学生の時から濃いなぁとは思ってましたが、それほど気にはしていませんでした。

中学生になり気になるようになったので自分で剃っていましたが、綺麗になるのは剃った日から少しの間で中途半端な時は最悪でした。チクチクするし…!

stockfoto_41768795_XS高校に入ってからもそれの繰り返しでした。それは面倒な作業で、部活があって疲れてる日なんかはサボってばっかりでした。冬など見えない日は剃らなかったりしました。彼氏ができてからは、会う日は必ず毛の処理をしていました。触られてもツルツルな肌でいました。

ある時彼の腕を見ると、毛があまり生えていませんでした。下手したら私のほうが濃いかも。その時に彼と見比べていたら私の手の甲にも毛が生えていて、俺でも毛が生えてないのに~って言われた時はショックでした。

本気で泣きたくなったし、毛深い自分が嫌になりました。
この時そこだけでも永久脱毛して一生毛が生えてこないで!と思いました。

今でも毛の処理、特にそこは念入りにしています。

http://iライン脱毛痛い.net/

意外な盲点でした!注意します!

先日ニュース番組で、電車やバスの中である「荷物に関わる迷惑行為」につてやっていました。
迷惑行為として挙げられているのは、①背中、肩のリュックサックやショルダーバッグ②座席に荷物を置く③床、足元に荷物を置く④キャリーバッグ⑤濡れた傘、だそうです。
確かに、混雑している電車やバスの中で背中に背負っているリュックサックや肩に掛けているショルダーバッグは、周りの人の顔や体に当って痛かったり邪魔をしてしまうと思いました。
キャリーバッグは、持っているが思っている以上に後方にある事、バーは短めにして体の近くに持つ等して周囲に注意する必要があるという事です。
濡れた傘は、車内に持ち込む際に雫を掃いキチンと閉じて持っている事です。
荷物を体から離してしまうと、盗難や置き忘れの原因になるので心配ではありますが、電車やバスに乗る時は、大きな荷物で周りの人に迷惑を掛けない様にする気遣いが必要です。
私は通勤で電車やバスを乗らないのですが、毎日、通勤通学で利用している人には切実な問題で困っている人、迷惑に感じている人がたくさんいるんだなと思いました。